新URLへの移行準備

とりあえず引越準備は完了。Wordpress(WP)に全記事をコピペして、新URLを用意するところまではできたので、おそらく今後はそっちで更新することになるか、と。

http://blog.tada-yuki.jp

ただ、過去の画像をどう処理するかについては深く考えていなかったため、movabletype(MT)内の画像のWPへの完全移行はできていません。新URLでも見た目には普通に表示されていると思いますが、実はMTを通じて表示しているだけなんて状態です。MTの方をいずれはアンインストールしようと思いますが、さていつになることやら。

URLの変更を考えてます

「URLの変更を考えてます」という書き方は事実関係の説明としては変なのですが、見る人の立場からするとそういうことになるので。

 計画しているのは、現在このブログにはmovable type(MT)というものを使っているのですが、それをWordpress(WP)に変更しようか、ということ。
 例えば記事の見やすさを調整するとかいった場面でMTで思った通りの設定にすることが難しいと感じるようになりました。それに、デザイン等を調整した後とか新規記事を書いた後に「再構成」というのが行われる(行う必要がある)のですが、その所要時間が20分とかいう具合に長い。

 それに授業関係で使っているブログ形式のページはすべてWPにしている。デザインの調整がやりやすいとまでは思わないものの、管理するにもWPに慣れてきたのでもう全部移行してしまおうかな、ということで。
 ただ、アドレスというかURLというかが変わります。まあ、http://tada-yuki.jp/blog/ のblogの部分が別の言葉に置き換わる程度なんですが、例えばMTによるiOS対応ページを先日ミスで捨てちゃいましたし、各記事は引き継げてもURLまでは引き継げないかな、と。

 ということで、たぶんそのうち、ここに移設の告知を書きます。記事は新URLにも引き継ぐ予定ですけど。

 そういえば現在はmixiに記事内容を転送する設定にしてますが、WPにそういうプラグインあったかな?ということで忘れないようにしないと。

ジェットスターの噂

ネット上にチラホラと出ている松山にジェットスター就航という噂。
 その噂の根拠の中でも特に真実みがあるのがtwitter上に出ている画像。そこには松山空港、国内線就航、3月16日、17日に大街道と松山市駅でPR活動というようなことが書かれているわけで。画像を上げた人のコメントやデザインから想像するに、何となく大学公認の学生専用求人サイトっぽい。ただ、その中身にアクセスするには学生証番号も含めた登録が必要なので、私自身はソースを見てません。

 ま、ジェットスターの松山便就航地として最近考えているのは、

関空-松山-新千歳-成田?-新千歳-松山-関空 (松山-関空1往復)

という運用。ANAが飛ばさなくなった松山の路線をフォローするという勝手な妄想ですな。あるいは

関空-松山-関空-どこか-関空-松山-関空 (松山-関空2往復)

というのもありかな、と。いずれにしても、関空ベースにすれば遅れても翌日に影響を引きずる可能性が低くなるわけで。関空とどこかを結ぶ需要の大きい便がメインで、その前後に松山を挟んで無理矢理でも座席の回転率を上げる目的でなら、こんな路線もアリかと。
 ただ実際には需要がどれほどあるのかな?ということで、妄想路線の域を出ず。

サーバーのメンテナンス

新学期に向けてサーバー内のコンテンツを色々いじるわけですが、このブログ(movable type)は再構築という作業をしないと設定の更新などが完了しません。
 今日はちょっと調整をしたので再構築をしようとしたところエラーで止まる。なんで?と思って調べてみると、いくつかのIPから大量のアクセスがあって作業が妨害されている様子。なので、サーバーへのアクセス設定(アクセス拒否)をしてみました。

 その結果、ログには"client denied by server configuration"が量産されていて、ニヤリ。その上でログをよく調べてみると大量のアクセスはmt-comment.cgiというファイルに向かっていた。要するにコメントスパムという奴で、自動でスパムコメントを記入する仕掛け。ただ、このブログの場合captchaというか文字認証を入れているので実際にはコメントを記入できず、単に迷惑な大量アクセス。
 そこで、mt-comment.cgiというファイル名を変更してしまいました。やり方はググれば参考になるサイトがいくつもあります。

 結果、エラーログは今のところこんな感じ。アクセス拒否のログと共にそんなスクリプトありませんログが量産されつつあります。
log1.png

 ちなみに、コメント欄が正しく稼働しているかどうかはちゃんと確認していないので、コメントが書けなかったらごめんなさい。トラックバック許可は止めちゃいました。

これは狙ってるの?

このツイートが「餃子の王将戦」に見えてしまった。「餃子の王将」杯みたいな。

パソコンの遠隔操作事件で真犯人と思しき容疑者が逮捕されたわけですが、これに関する報道には「はあ?」と思うものが多い。NHK NEWSのサイトを中心に見ているので、そこでの状況ということになるけど、ちょっと書き留めておこう。

パソコンの遠隔操作事件で逮捕された男が猫に付けた疑いのある記憶媒体から、「セキュリティが弱いところを探すのが大変なので遠隔操作ウイルスを作った」と書かれたファイルが見つかりました。 ファイルの内容通り最初の犯行予告以降は遠隔操作が行われていて、警視庁などは関与を裏付けるものとみて調べています。
男は容疑を否認しているということです。 東京のIT関連会社社員、片山祐輔容疑者(30)は、インターネット上に殺人予告を書き込んだとして逮捕されました。
調べに対して「全く身に覚えがない」と容疑を否認しているということです。
真犯人が犯行声明メールで関与を認めた13の事件のうち、去年6月、横浜市のホームページに書き込まれた小学校への襲撃予告は遠隔操作とは別の手口が使われていました。
その後の調べで、片山容疑者が猫に付けた疑いが持たれている記憶媒体から、「横浜市のホームページはセキュリティが弱いので狙った。
セキュリティが弱いところを探すのが大変なので、その後はどんなところにも通用する遠隔操作ウイルスを作った」などと書かれたファイルが見つかっていたことが分かりました。
最初の横浜市の事件以降は実際に遠隔操作ウイルスが使われていて、警視庁などは片山容疑者の関与を裏付けるものとみて調べています。(2013.02.14 NHK NEWS

この記事を含め、あちこちで「片山容疑者が猫に付けた疑いが持たれている記憶媒体から」という表現があるものの、実際には「記憶媒体から○○が見つかりました」というだけの話。

『記憶媒体から○○が見つかった』→『記憶媒体内のデータを作成した人物が真犯人であろう』

まではわかる。しかし、この記憶媒体内のデータと容疑者とが結びつかない限り話が始まらない。

『記憶媒体から○○が見つかった』→『記憶媒体内のデータを作成した人物が真犯人であろう』→『この容疑者が関与した』

というところまでは未だに論理的に結びついていない。この記事を小論文として採点すると点数にならないだろう。もちろん、警察はその結びつきを捜査しているはずで、確証を得ているのかもしれない。しかし、報道される情報を読む限り「やっぱりそうだったか」と納得できる材料はまだない。

 メディアの中の人々は論理的につながっていないことに気付いていると思うんだけど、『容疑を否認しているということです。』が免罪符なんだろうか。私自身、あの容疑者は無実だ、と主張するつもりはない。それはわからない。ただ、この事件に関しては当初誤認逮捕があったということから考えれば、今回も事実関係をキッチリと切り分けて書くべきだと思う。


 飛行機ネタはFacebookに移行気味、日常はtwitter、授業の内容は別ブログということで、最近このブログに書く内容の方向性がちょっと微妙になってきましたが、今までとちょっと毛色の違うネタを。twitterのつぶやきをブログに埋め込むことができるのはなかなか面白いな、なんて思いつつ。

 提出されたレポートがどのように扱われているのか。私の場合は公式ルールに則って採点後も一定年数保管しています。その後氏名・学籍番号欄を黒塗りしたりして廃棄(大学の契約した業者による回収)。

 おそらくこの画像で語られているのは、提出したハナからシュレッダーにかけられて廃棄されているんじゃないのか?ということなんでしょう。もしそれが実態としてあるとして、シュレッダーにかけているだけまだマシかもしれない。だって、シュレッダーで裁断することなく紐で括って出しちゃう人も居そう。最悪のケースは、出させておいて目を通さないなんてのもあるでしょうが。

 昔から、試験の答案用紙を扇風機で飛ばして、遠くに飛んだものから高得点なんてアホみたいな話も聞きます。現実には、真面目に採点しない人ならそんな面倒なことさえしないでしょう。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.2

最近のコメント

アイテム

  • log1.png
  • Chart.png
  • BW0T2100.jpg
  • BW0T1823_1.jpg
  • googleaccount.jpg
  • googlesync.jpg
  • BW0T1354.jpg
  • BW0T0275.jpg
  • BW0T0180.jpg
  • BM1D1426_1.jpg