ANA442、松山0810発伊丹行き

ANA442、松山0810発伊丹行き。
 天気予報を見て、昨日の時点から前線が大阪上空にあることはブログにも書いていて、大揺れかも、と予想していたのですが、その搭乗記。

 ただ、話が長くなります。

 定刻よりも早く搭乗が完了し、海に向けて32で離陸。途中、燧灘あたりまではIn cloudで、高松が近づいてきてようやく下の景色がよく見えました。その後は鳴門海峡を眼下に和歌山に向かいます。その時の大阪上空はモコモコの雲。特に北部には大きな積乱雲。

P1000105.JPGP1000106.JPG
主翼の上あたりが大阪府北部関空の横を北へ上がっていきます

あー、予想通り揺れるだろうなあ。

そしていつもの海沿いのコースで堺から右に曲がり、、藤井寺を通って、八尾空港を左手に見ながら左旋回して最終ストレートに。なーんだ、前線があっても大したことないじゃん。それとも予報が外れたのか?と思っていたら、東大阪あたりから雲が少々。所々下どころか主翼の先が見えない状況の中、大阪城が見えてきました。もうすぐです。淀川の河川敷を過ぎて、新大阪駅上空に来たところで、

キュイーン!

あちゃちゃ、着陸取り止めだな! とグングン再上昇。たぶんコックピットは大忙しなんだろう、そして主翼が見えない雲の中を揺られながら、ベースとしては左旋回、でも、右に左にちょこちょこ迂回している気配。おいおい、伊丹の先は山がたくさんあるんだけど・・・。と不安な中、どっちを向いているのかよくわからない。フライトシミュレーターではどんなコースに乗せられるんだっけ、原因は何?と思っていたら、ほどなく機首が南を向いていることがわかった。私自身は既に「こんなに揺れるところに再び来るのは嫌だし関空に連れてって!」という気持ち。CAさんから着陸を取りやめた旨の案内アナウンスがあり、そして再び下界の風景が見えた。阪神高速湾岸線に沿って南下している。というところで機長さんからアナウンス。視界不良で運航規定値を下回ってしまったらしい。そして、積乱雲が伊丹上空にあることと、その通過待ちのために堺上空で10分ほどホールドすることが案内された。
 このホールドポイントはアプローチ中に見た風景と全く同じ。たぶん信太山(SHINODAポイント)。右に何周回ったんだろう。で、ホールドから外れて再びアプローチ。まるでビデオでも見ているようにさっきと全く同じ風景が展開されていく。八尾空港もついさっきと同じ位置に見える中、同じ弧を描いて伊丹に機首が向いていく。高度が下がり始めたかな、と思ったものの、あちゃー、再びブイーン!そして今度は右に旋回している様子。ん?別のホールディングパターンか?あるいは単にホールドの順位が上がっただけ?そして下には法隆寺、あらあら、今日は遊覧飛行だ。これがYAMATOポイントなのか?! いや、MIDOポイントに近い。どうやら今度は奈良と大阪の境、ILSのコースを巻き込んだホールド。そして再び機長さんからアナウンス。他機も着陸を試みたが、視程の悪さに突風も重なり、皆着陸をあきらめて上空待機になっているらしい。要するにホールド機が順にアプローチに失敗して、順位が上がっただけっぽい。そして奈良と大阪を何回も行き来しているうちに、ホールディングポジションの天候も見る見る悪化してきている。
 そして最初のアプローチから出しっぱなしだったフラップが格納された。何か状況が変わったんだろうか、こりゃ無理なんだろうなあ。そして、もう一度ILSコースに乗ったと思われたものの、今度はすぐに左に回った。その後は大阪市の中心部を西に向かっている気配。「神戸空港にダイバーとでもいいですよ!」と我侭な期待を抱いたが、再び機長さんから案内。結局あきらめて関空に降りる、という。神戸空港の北側を西進し、明石大橋の手前でUターンして神戸空港の南側を東進し、大阪湾岸に沿って南下して関空24Lへの着陸とあいなりました。24Rをかすかに期待したんですが。
 着陸後は、仕方ないでしょう、オープンスポット。関空のオープンスポットなんて、"ぼく管"くらいでしか意識したことがない。端っこの方に連れられて行き、全員バスにてターミナルへ。ターミナル到着が10時。随分と長い旅でした。が、タイムリーで安心感を与えるアナウンスがあったし、不満はありません。





P1000108.JPG P1000112.JPG
お疲れ様です(タラップ車の窓越し)国際線の合間にて(バスの窓越し)

 ま、乗り物、特に飛行機って定時に着くわけじゃないことを再確認しました。午後の研究会なのに第1便に乗る、という選択肢も、まあ間違ってはいないわけですな。何ていうものの、後続便だったらほぼ定時に着いていたんだよなあ。 こんなことを関空から梅田に向かうリムジンバスの中で書いてたわけですが、バスが阪神高速の船場あたりを通過するその頃、関空にダイバートした442便が伊丹に最終のアプローチ中? うーん、このフェリーフライトに乗せて欲しかったかも。

(実はこの日、新幹線移動の先生方は車内に缶詰めで1時間くらいは遅れた)

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.2

この記事について

このページは、tada-yukiが2007年8月30日 21:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「大阪出張なんだけど...」です。

次の記事は「昨日の長旅をたどる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。